北区 駒込の眼科 とみた眼科

おもな目の病気について

緑内障

目の神経が障害をうけ、視野(見える範囲)が狭くなる病気です。いろいろなタイプがありますが、日本における最近の疫学調査から、40歳以上の17人に一人が緑内障で、その多くが眼圧(目の硬さ)が正常の「正常眼圧緑内障」であることが判明しました。そのため自覚症状に乏しく、不幸にして進行した場合には失明する恐れもあります。心配しすぎる必要はありませんが早期発見・治療が肝心です。当院では、各種検査・治療の設備を整え、気軽にご相談に応じられるよう心がけております。

白内障

加齢に伴い水晶体(目のレンズ)が徐々に濁(にご)ってくる病気です。程度の差はありますが、一定年齢を超えたどなたにもに認められ、病気というよりは「一種の老化現象」と考えられます。
ただし強くなりますと、ものの見え方に確実に影響がでてきます。ゆっくり進行するため気付きにくいのですが、手術で視力を回復させることができます。当院では症状の程度、お体の状態やご年齢に応じた治療方針を提示させていただきます。もちろん手術の適切な施設もご本人・ご家族様とお話し合いの上でご紹介させていただきます。

糖尿病・高血圧・高脂血症

いわゆる生活習慣病は、目の健康と強く結びつくだけでなく、時には病気の重症度の目安になります。特に糖尿病網膜症(主に目のフィルムに相当する部位の病気)は、医学が進んだ現在でも、緑内障とともに中途失明の二大原因です。自覚症状が乏しく急に見えなくなる危険性があり、若く働き盛りの方にとって大変心配な病気です。そのため、予防には定期検診による初期症状の発見と病状のコントロールが重要です。当院ではかかりつけの先生と情報の共有を積極的に推進し、単に目の健康だけでなく全身の健康もあわせて拝見いたします。

加齢黄斑変性症

目の中央部に急に出血や障害がでる病気です。原因は不明で欧米では中途失明の第一位です。食の欧米化に伴い今後日本でも増加が心配されます。ものが歪んで見えたり、真ん中だけが見えなかったりしたら早めに当院での診察を受けてください。この分野の診断・治療は進歩していますが、なかなか厄介なご病気です。ぜひ、気軽にご相談ください。